機械加工 株式会社中野鉄工所

立形CNC旋盤(ターニング)MEGA TARN 600Mを導入

株式会社中野鉄工所 (広島県広島市)

2020年3月に新たな戦力としてヤマザキマザック製 立形CNC旋盤(ターニング) MEGA TARN 600Mを導入しました。

最大加工径はφ600まで対応可能。ギヤやベルトの無い構造のビルトインモーターで真円度、面粗度共にミクロン台の精度がだせます。C軸によるミル加工も可能でφ25mmまでの穴明けやM24までのタップ加工も自動工具交換装置によりワークを固定した状態で加工ができます。今までは汎用旋盤でリング状に加工した後、マシニングセンターへワークを移動し、穴明けやタップ加工をしていたので作業性や加工精度がはるかに向上します。

ヤマザキマザック製 立形CNC旋盤 MEGA TURN 600M

2年程前からこの様なフランジ形状の仕事が増え、工場も手狭で困っていたところにフライスが故障。部品の入手性もないことからフライスは処分し工場レイアウトの見直しに着手。スペースが確保できたところへ見事設置することが出来ました。

一般顧客の受注は未だ難しいですが、2020年の秋口頃から仕事量は徐々に落ち着いてきますので、どしどしお引合いの程宜しくお願い致します。

この企業に関するお問い合わせ TEL 082-832-3349